ネットワーク夫婦とスワッピング

ネットワーク夫妻と夫婦交換

夫婦交換画像

 

初めての淫靡な世界中に凄まじく興奮したのを覚えています。おルームは畳で何組も布団が敷いてありました。ネットワーク夫婦とスワッピングする事になったのです。

 

そんなある時、奈美のカレッジ時期からの友達の美樹氏(30才)といった男子の達也(31才)がマイホームへ泊まりでレクリェーションに来る場合になった。

 

何回もパンチラとか牛乳チラを宣伝。連れが便所に行った場合注意したけど、あんたも気持ち良かったくせにって意義繋がる。不条理な意義だけど。

 

まぁ、見せてるだけならいいかと俺も麻痺してきてずっと3人で話してた。俺は酔いもあったのかこういう摩擦を思い起こし、彼女に小声で「ブラ取ったら?」ってジョークぽく言ったら、便所で取ってきやがった。

 

酔っても返る必要のないという真実味から4人で次々お酒を飲んでいるというさすがに酔ってきてめいめいエッチな気分になってきて、エッチな話をしていたタイミング、俺から「お互いのエッチを見せ合おう」という持ちかけた要素、達也も良しとの返信。

 

自身といった婦人のカップルはおんなじ町内に住むネットワーク夫婦の自家用車に一緒に乗っているのです。ネットワークの女房が操作を通して自身は助っ人縁台で私の婦人というご彼氏は後部席に座っていました。

乳首が透けてて連れが喜んでる様子を・・・

夫婦交換画像

Tシャツだったから乳首が透けてて連れは挙動容疑。

 

小心な病み付きにエロい連れだから意志喜んでるだろうと思うと、何か悔しかった。此度思えば、あのアベック君は最初からその腹積もりで狙っていらしたんだなと思います。

 

でもね此度再び会えたら言いたいんです。

 

面持だけ出して...目下ヤれますよってw今でも思い出して話すほどだ。

 

みなさまのおかげでますますこの世界好きになりましたよってwwそこで達也に取り換え。達也は奈美を裏手から挿入して俺に見えるように突いた。そうして奈美の喘ぎを目の前で見ているとまことに俺のこれはまた起って現れるではないか。俺は喘ぐ奈美の目の前で必死にちんちんを自分でしごきだしていた。

 

すでにナーバスになっていた美樹氏は乳を舐めるだけであんあんと大きな声で喘いでいた。オナニーだけとは言え、あの風情じゃ終わりれないから忍耐したけど、何か違和感です。ヤツはイッタらしく元の設置に戻ったけど、俺ですら彼女で生オナニーした場合ないのに。

 

もなぁ。と思いつつも乗ってしまった。その対談に。ヤツの彼女を酔わして、俺がやる際、連れは便所で待ってるって。悔しくて見ていた事ヤツに言ったら、今度逆部門させてやると。そうすると別の喘ぎ考えが聞こえてきた。

 

そう、美樹氏の考えだった。美樹氏は自分の主人といった友達の奈美がエッチやる要素を見て興奮していたのだ。俺はすぐさま美樹氏に食いつき、大きな乳を堪能した。奴の彼女でオナニーさせてくれるって。

 

俺の時と共に連れってその彼女という俺の3人で飲みに出向く。連れは不満みたいだったけど、自分がやった前、結構彼女に飲ませていた。